クスモト ヤスアキ
  楠本 泰士
   所属   医療保健学部 理学療法学科
   職種   専任講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2016/05
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 成人脳性麻痺アテトーゼ型患者における疼痛の質とTENSの効果の関係
執筆形態 共著
掲載誌名 理学療法学
掲載区分国内
巻・号・頁 43(4),300-304頁
著者・共著者 高木健志,新田收,楠本泰士,西野展正,松尾沙弥香,若林千聖,津久井洋平,干野遥
概要 疼痛の質とTENSの効果の関係を調査した。TENSと通電せず電極のみを貼付する偽TENSを受け、疼痛の変化をSF-MPQ-2を用い評価した。TENSの効果は、間欠的な痛みのみで、他の項目は介入前後で変化がないか、偽TENSの効果と変わらなかった。アテトーゼ型患者の腰痛に対しTENSを行うと、SF-MPQ-2の間欠的な痛みに効果が得られる。