クスモト ヤスアキ
  楠本 泰士
   所属   医療保健学部 理学療法学科
   職種   専任講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2016/05
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 脳性麻痺児における粗大運動機能別の股関節筋解離術前後5年間の股関節脱臼の変化
執筆形態 共著
掲載誌名 理学療法学
掲載区分国内
出版社・発行元 日本理学療法士協会
巻・号・頁 43(4),293-299頁
著者・共著者 楠本泰士,高木健志,津久井洋平,新田收,松田雅弘,松尾篤
概要 粗大運動機能別の股関節筋解離術前後5年間の股関節脱臼の変化を調査した.対象はGMFCSレベルⅢ~Ⅴの脳性麻痺児33名とした.全ての項目で術後主効果を認め,Sharp角と臼蓋外側縁傾斜角では交互作用が確認された. GMFCSレベルⅢ・Ⅳでは,大腿骨頭の側方化は変化しないが骨盤の被覆が改善することで,股関節脱臼が改善したことが示唆された.