イリタニ コウヘイ
  入谷 康平
   所属   工学部 応用化学科
   職種   助教
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/10
形態種別 学術論文
標題 Hexagonal Molecular Tiling by Hexagonal Macrocycles at the Liquid/Solid Interface: Structural Effects on Packing Geometry
執筆形態 共著
掲載誌名 Langmuir
巻・号・頁 33(43),12453-12462頁
著者・共著者 Kohei Iritani, Motoki Ikeda, Anna Yang, Kazukuni Tahara, Keiji Hirose, Jeffrey S. Moore, Yoshito Tobe
概要 2017年10月2日.
主筆
固液界面において正多角形分子の骨格の大きさと置換基が二次元分子配列の構造に与える影響を調べるために、非極性および極性の置換基を側鎖にもつ大きさの異なる六角形分子が、1,2,4-トリクロロベンゼン/グラファイト界面において形成する自己集合単分子膜について、STMを用いて調査した。その結果、骨格の大きさや側鎖の配向で分子間の空間が異なることがパッキングのしかたに影響することを明かにした。