イリタニ コウヘイ
  入谷 康平
   所属   工学部 応用化学科
   職種   助教
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/06
形態種別 学術論文
標題 Effect of Multiple Interactions on Face-On vs. Edge-On Configurations of Butadiyne-Bridged Octadehydrodibenzo[12]annulene Derivatives at the Liquid/Graphite Interface
執筆形態 共著
掲載誌名 The Journal of Physical Chemistry C
概要 2015年6月16日.
副筆
平面分子が固体表面に吸着される場合、分子平面と固体表面が平行なface-on型と垂直なedge-on型(およびその中間)の配置を取りうる。本研究では、長鎖アルキルアミド基をもつ高反応性の環状アセチレン誘導体をedge-on型に配列させ、表面においてポリアセチレンを合成することを目的として、1-フェニルオクタン/グラファイト界面における自己集合単分子膜の構造をSTMにより調査した。