東京工科大学 教員業績   
     
   TOPページ   


    (最終更新日:2017-01-11 13:00:37)
  カミバヤシ ノリユキ   
  上林 憲行
   所属   メディア学部 メディア学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1980/04~1982/03 広島大学 工学部 システム工学系情報システム講座 助手
2. 1982/04~2000/03 富士ゼロックス株式会社 綜合研究所 主任研究員、主幹研究員、所長
3. 1992/04~1999/03 慶應義塾大学 環境情報学部 兼任講師
4. 2000/04~2003/03 山形大学教授  工学部 情報科学科 教授
5. 2001/04~2001/09 東京工科大学 メディア学部 兼任講師
全件表示(14件)
■ 専門分野
メディア情報学・データベース (キーワード:サービスサイエンス、サービス臨床学、ソーシャルメディアサービス) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  情報ネットワークを活用した産学連携双方向遠隔授業の実践 (共著) 
2. その他  研究会の新分野開拓シンポジウム
講演(4) 「ネットワーク生態学研究グループの紹介」 (単著) 
3. 2016/10 その他  個々の生活者がコンテキストに応じて広告情報の提示タイミングを自己コントロール可能なサービスの試作とその評価 (共著) 
4. 2016/09 その他  広告パラダイム2.0に基づく個告個受サービスモデルの提案 (共著) 
5. 2015/09 その他  初出の知識に関連する教材を学習者が検索する際にWikipediaなどを活用して関連検索キーワードの提示と理解を支援するサービス (共著) 
全件表示(100件)
■ 学会発表
1. 2016/12/05 地域の学びのバトンリレー 21 世紀型情報リテラシーを地域の小学生へ教える学習プログラムの提案と実践(第7回大学コンソーシアム八王子学生発表会)
2. 2016/09/07 広告パラダイム2.0に基づく個告個受サービスモデルの提案(FIT2016 第15回情報科学技術フォーラム)
3. 2016/03/10 4コマ漫画における情報の表出化を利用した学習方法の提案とその支援サービス(第78回情報処理全国大会)
4. 2016/03/10 Massive綱引き:スマートフォンの加速度センサーを基に、チームで協調して綱を引くエネルギーを最大化して,競うことのできるバーチャル綱引きサービスの開発(第78回情報処理全国大会)
5. 2016/03/10 pic-con!:お気に入りの写真とビーコンを活用して街中でもう一人の自分を表現するサービス(第78回情報処理全国大会)
全件表示(95件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2014/09/01~2014/10/10 Mashup Awards 10渋谷ヒカリエ
2. 2014/09/01~2014/10 Mashup Awards 10渋谷ヒカリエ
3. 2014/09/01~2014/10/10 Mashup Awards 10渋谷ヒカリエ
4. 2014/09/01~2014/10/10 Mashup Awards 10渋谷ヒカリエ
5. 2014/09/01~2014/10/10 Mashup Awards 10渋谷ヒカリエ
■ 講師・講演
1. 2016/03 IR的アプローチによる就業力・キャリア教育改革の事例報告
2. 2003/12 「世界が求める人財像」(米沢市)
3. 2005/05 ソーシャルネットワーキングサービスの動向~中小企業経営とビジネス活動への応用可能性~(東京)
4. 2007/02 「ソーシャルセクターパワーとコミュニティソリューション ?ネットワーク社会の新しい力?」(東京)
5. 2007/03 「ソーシャルセクターパワーとコミュニティソリューション ?ネットワーク社会の新しい力?」(東京)
全件表示(10件)
■ 取得特許
1. 1998/04/28 Information Tracing System and Information Tracing Method(USP No. 5745686)
2. 1998/10/13 Information Tracing System and Information Tracing Method(USP No. 5822533)
3. 1999/01/05 Tracing System Having Follow-up Distribution Section for Distributing Information Based on a Distribution History of Prior Distributed Information Stored in Distribution History Storing Section(USP No. 5857077)
4. 1999/01/19 Tracing System for Analyzing an Information Distribution Route By Automatically Gathering Distribution Histories from Systems which the Information is Routed through(USP No. 5862336)
5. 計算機ネットワークシステムの権限管理装置(登録番号P3026286)
全件表示(10件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 1984 研究開発した製品・サービス XNS on SmallTalk-80
2. 1985 研究開発した製品・サービス 日本語Interlisp-D
3. 1985 研究開発した製品・サービス 日本語Smalltalk‐80
4. 1985~1986 大学・研究機関との共同研究: Smalltalk‐80の多言語仕様アーキテクチャの研究
5. 1985~1987 大学・研究機関との共同研究: 自動翻訳Muプロジェクトへの参画
全件表示(24件)
■ 社会における活動
1. 1984/01~1984/12 科学技術振興財団 科学技術フォーラムマンマシンインターフェース委員 
2. 1989/05~2000/03 情報処理学会 情報メディア研究会設立発起人、その後主査(4年)、幹事(4年),運営委員歴 任。その間毎年、情報メディアシンポジウムを企画立案・実施。
3. 1993/06~1995/05 人工知能学会 企画担当理事 人工知能セミナー企画等を通じて新しい技術動向の啓蒙と学会の財政基盤を確立
4. 1997/06~1999/05 情報処理学会の3研究会(HI,GW,IM)共催シンポジウムであるインタラクション‘98プログラム委員長、インタラクション‘99実行委員長、インタラクション2000実行委員会副委員長を歴任。新しい学会発表と交流の場として情報処理学会最大のシンポジウムに成長
5. 1999/05~2001/05 情報処理学会 会誌編集担当理事、会誌企画委員会委員長、 会誌の特集/連載企画:「地域社会とIT」などの企画立案、会誌モニター制度の確立,会誌広告の代理店制度導入等に尽力、またその間、電子化検討委員会委員、財務委員会委員、全国大会実行委員、情報処理学会功績賞選定委員等を歴任。
全件表示(16件)
■ 所属学会
1. 1978/04~ 情報処理学会
2. 1996/04~2000/03 ∟ 情報メディア研究会主査
3. 2000/06~2002/06 ∟ 理事(会誌編集担当)
4. 2004/04~2009/03 ∟ ネットワーク生態学グループ主査
■ 委員会・協会等
1. 1980/04~1982/03 日本電子工業振興協会 マイクロコンピュータ応用専門委員会 幹事
2. 1982/04~1984/03 日本電子工業振興協会 FOS(Future Office System)標準化委員会 委員
3. 1982/04~1984/03 日本電子工業振興協会FOS (Future Office System)技術動向専門委員会 委員
4. 1987/06~1989/05 日本事務機工業会 ジョブステーション専門調査委員会 委員
5. 1987/09~1989/08 郵政省 電気通信審議会 電気通信AI技術委員会 委員
全件表示(17件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2003/07~2004/03  山形県白鷹町「地域情報化戦略」 地方自治体 
2. 2004/07~2005/03  山形県米沢「地域技術教育高度化」 奨学寄附金 
3. 2004/09~2005/03  「コミュニティの可視化」 企業からの受託研究 
4. 2004/09~2005/03  Web業務システムでのUIに関する研究 企業からの受託研究 
5. 2005/06~2006/03  「コミュニティの可視化」Ⅱ 企業からの受託研究 
全件表示(13件)

著作権情報