東京工科大学 教員業績   
     
   TOPページ   


    (最終更新日:2017-01-16 16:50:28)
  ヤマザキ アキコ   Akiko Yamazaki
  山崎 晶子
   所属   メディア学部 メディア学科
   職種   准教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2008/04~ メディア学部教務委員
2. 2008/04~2009/03 東京工科大学 教務委員会 委員
3. 2008/04~ 東京工科大学 メディア学部 メディア学科 准教授
4. 2009/04~2011/03 東京工科大学 教務委員会 委員
5. 2009/04~ 東京工科大学大学院 バイオ・情報メディア研究科 メディアサイエンス専攻 修士課程 准教授
全件表示(7件)
■ 専門分野
社会学, 会話分析, 相互行為分析, ヒューマンコンピュータインタラクション, ヒューマンロボットインタラクション, ヒューマンインタラクション (キーワード:社会学、会話分析、相互行為分析、ヒューマンコンピュータインタラクション、ヒューマンインタラクション) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  日本人と日系人の物語  2016/02
2. 論文  ワークプレース研究と相互行為分析-2つの会議場面の分析を通じて (共著) 2015/12 Link
3. 論文  Interactions between a quiz robot and multiple participants: Focusing on speech, gaze and bodily Conduct in Japanese and English speakers (共著) 2014/04 Link
4. 論文  Multiple robotic wheelchair system able to move with a companion using map information (共著) 2014/03 Link
5. 論文  科学博物館における身体ひねりを用いたロボット(TalkTorque-2)と観客との相互行為の分析 (共著) 2014/01 Link
全件表示(99件)
■ 学会発表
1. 2013/08 Elderly Support Using an Embodied Robot Avatar: Conversation Analysis of Robot-Assisted Human Interaction(IIEMCA 2013) Link
2. 2013/08 Human Interactions with a Museum Quiz Robot: Exploring Social Strategies to Draw Audience Attention(IIEMCA 2013) Link
3. 2013/08 Multiplicity of Bodily Resources for a Robot in a Multiparty Interaction(IIEMCA 2013) Link
4. 2012/03 A Techno-Sociological Solution for Designing a Museum Guide Robot: Regarding Choosing an Appropriate Visitor(HRI2012)
5. 2012/03 Establishment of Spatial Formation by Mobile Guide Robot(HRI2012)
全件表示(31件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 1997/02 差別のエスノメソドロジーからメディアスペースプロジェクトへ札幌学院大学社会情報学部講演会
■ 講師・講演
1. 2014/01 子供の争い:ビデオ撮影を通して見る子供の世界
2. 2016/11 社会学的ロボット学
3. 2003/07 Robot as Communication Media --The Effect of Head and Body Movement on Co-Present's Impression
4. 2004/04 Dual ecologies of robot as communication media: thoughts on coordinating orientations and projectability
5. 2004/11 Mediating dual ecologies
全件表示(9件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2015/09 社会調査法に関するホームページを作成
2. マスコミュニケーションの資料としてパワーポイントを作成、及び動画などの資料を作成
3. マスコミュニケーションの授業においてパワーポイントを作成
4. 調査分析法Ⅰの授業においてパワーポイント作成
5. 調査分析法の資料としてパワーポイントを作成
■ 所属学会
1. Association of Computer Machinery
2. 関東社会学会
3. 日本社会学会
■ 受賞学術賞
1. 2012/07 Best Paper Award
2. 2013/03 Best Demonstration Award Link
3. 1999 情報処理学会山下賞
4. 2007/09 Best Prenseter Award IEEE RO-MAN
5. 2008/04 Honorble mention paper (Best of CHI) ACM SIGCHI
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2016/03  外国人児童と日本人保育士の相互行為における身体性と言語的行為に関する社会学的研究 挑戦的萌芽研究 (キーワード:相互行為分析)
2. 2016/03~2017/03  モバイルロボットを利用した社会的記憶の遠隔的な協同的再構築 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2016/03~2017/03  モバイルロボットを利用した社会的記憶の遠隔的な協同的再構築. その他の補助金・助成金  Link
4. 2001  Anglo-Japanese foundation その他の補助金・助成金 
5. 2004~2006  コミュニケーション志向のネットワーク型学習机の開発 基盤研究(B) 
全件表示(20件)
■ 資格・免許
1. 専門社会調査士

著作権情報