東京工科大学 教員業績   
     
   TOPページ   


    (最終更新日:2016-12-21 11:18:55)
  イワシタ シノ   
  岩下 志乃
   所属   コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科
   職種   准教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2001/04~2005/02 理化学研究所 脳科学総合研究センター 言語知能システム研究チーム 研究員
2. 2005/03~2006/03 九州大学 大学院芸術工学研究院 特任助手
3. 2006/04~2012/03 東京工科大学 コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科 専任講師
4. 2007/04 東京工科大学 セクシャルハラスメント担当
5. 2007/04~2012/03 東京工科大学大学院 バイオ・情報メディア研究科 コンピュータサイエンス専攻 修士課程 専任講師
全件表示(19件)
■ 著書・論文歴
1. 2016/12 その他  Children and Pets Safety System in Car (共著) 
2. 2016/03 論文  Non-Task-Oriented Dialogue System Using AIML - Calculating Similarities of Sentences by Word2Vec, Thesaurus and Syntactic Analysis - (共著) 
3. 2016/03 その他  ネットワーク図自動生成アプリケーションの開発と評価 (共著) 
4. 2016/03 その他  英語ニュアンス学習アプリの製作および学習効果の測定 (共著) 
5. 2016/03 その他  言葉によるキャラクター育成ゲームの開発 (共著) 
全件表示(115件)
■ 学会発表
1. 2016/12/03 Children and Pets Safety System in Car(第8回大学コンソーシアム八王子学生発表会)
2. 2016/03/27 英語ニュアンス学習アプリの製作および学習効果の測定"(第11回日本感性工学会春季大会)
3. 2016/03/27 言葉によるキャラクター育成ゲームの開発(第11回日本感性工学会春季大会)
4. 2016/03/27 操作ボタンにおける表現の違いによる視覚的使いやすさ感への影響(第11回日本感性工学会春季大会)
5. 2016/03/26 ネットワーク図自動生成アプリケーションの開発と評価(第11回日本感性工学会春季大会)
全件表示(39件)
■ 講師・講演
1. 2009/07 多様性が生むイノベーション(日本知能情報ファジィ学会)
2. 2011/09 Modeling of Language Use in Different Contexts(Korea)
3. 2001/12 Addition of Facial Expressions to Facial Caricature Drawn Using Linguistic Expressions
4. 2001/12 Toward Computer Communication Using Natural Language
5. 2002/08 A Study on Using Natural Language Computer Communication Protocol
全件表示(19件)
■ 取得特許
1. 2004/05/13 日常言語コンピュータシステムで用いられる秘書エージェントシステム,秘書エージェントプログラムおよび対話プランニング方法(2004-139446)
2. 日常言語コンピュータシステムで用いられる秘書エージェントシステム,秘書エージェントプログラムおよび対話プランニング方法(特開2004-139446)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2014/04/01~2014/07/31 「ユーザのためのデザイン」から「情報機器とユーザインタフェース」に変更することに伴った教材修正
2. 2015/02/16~2015/03/06 CS基礎実験テーマDの内容変更とテキスト改変
3. 2015/04~2015/07 講義「情報機器とユーザインターフェイス」における「BAD/GOOD UIコンテスト」の開催
4. 2015/09~2015/12 講義「インターネット」における反転授業の導入
5. 2015/09~2015/12 講義「応用プログラミング2」における講義資料改変,演習問題の新規作成
●作成した教科書、教材
全件表示(21件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2001/04~2004/12 理化学研究所における成果 ユーザとインストラクターの対話コーパス収集実験の設計,実施,分析
2. 2003/02~2004/12 理化学研究所における成果 対話型ヘルプシステムの設計,開発
■ 社会における活動
1. 2005/07~2006/09 International Program Committee of SCIS&ISIS 2006
2. 2005/06~2006/09 A member of International Program Committee (IPC) of SCIS&ISIS 2006 論文の査読
3. 2007/03~2007/09 論文の査読 A member of IPC of ISIS 2007
4. 2008/01~2008/09 A member of International Program Committee of SCIS&ISIS2008 論文の査読
■ 所属学会
1. 1995/04~ 日本知能情報ファジィ学会
2. 2001/04 ∟ 学会誌編集委員 会誌の特集企画・依頼・編集業務
3. 2001/04~ ∟ 学会誌編集委員
4. 2006/06~2013/05 ∟ 論文委員長
5. 2013/06~2016/12 ∟ 論文副委員長
全件表示(15件)
■ 委員会・協会等
1. 2016/06~ 関東工学教育協会 産学協議会 WG3メンバー
■ 受賞学術賞
1. 2015/09 優秀発表賞
2. 2010/03 ベストプレゼンテーション賞
3. 2009/07 IEEE CIS Japan Young Researcher Award
4. 2003/06 人工知能学会第16回全国大会 ベストプレゼンテーション賞
5. 1999/06 日本ファジィ学会(現:日本知能情報ファジィ学会) 奨励賞受賞
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~2008/03  対話型進化計算と個人特性学習機能によるユーザ適応型ヘルプに関する研究  
2. 2007/05~2012/03  タンジブル・ソフトウェア教育の研究 国内共同研究 
3. 2008/04~2010/03  情報格差を縮小するための熟練者・初心者の知識構造分析と家電製品操作ヘルプへの応用  

著作権情報