東京工科大学 教員業績   
     
   TOPページ   


    (最終更新日:2017-01-20 10:06:32)
  シャ キンカ   Jinhua She
  佘 錦華
   所属   工学部 機械工学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1983/08~1986/12 中国冶金工業部自動化研究院(中国北京市) 自動化1室 助理工程師
2. 1993/04~2001/03 東京工科大学 工学部 機械制御工学科 専任講師
3. 1996/04~2007/03 国立東京高等専門学校 電子工学科,機械工学科 非常勤講師
4. 1997/04~1999/03 東京工科大学 学生委員会 委員
5. 1998/04~1999/03 東京工科大学 安全委員会 委員
全件表示(60件)
■ 専門分野
制御工学, 機械力学・制御, 福祉工学, e-ラーニング (キーワード:繰返し制御、ロバスト制御、メカトロニクス、福祉機器) 
■ 著書・論文歴
1. 2017/02 論文  Design of a Left-Right-Asymmetric Pedaling Machine and its Measuring System for Medical Rehabilitation (共著) 
2. 2017/01 論文  Fast, Accurate Localization of Epileptic Seizure Onset Zones Based on Detection of High-Frequency Oscillations Using Improved Wavelet Transform and Matching Pursuit Methods (共著)  Link
3. 2016/12 論文  Active Disturbance Rejection in Switched Neutral-Delay Systems Based on Equivalent-Input-Disturbance Approach (共著)  Link
4. 2016/12 論文  Aperiodic Disturbance Rejection in a Modified Repetitive-Control System with Nonlinear Uncertainty (共著)  Link
5. 2016/12 論文  Discrete Wavelet Transfer Based BPNN for Calculating Carbon Efficiency of Sintering Process (共著)  Link
全件表示(600件)
■ 学会発表
1. 2015/12/16 電動歩行補助器の制御系の開発(第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会)
2. 2011/08/28 Global Stabilization Control of Acrobot Based on Equivalent-Input-Disturbance Approach(The 18th IFAC World Congress)
3. 2011/06/24 Intercultural Comparison of Social Customs between Chinese and Japanese and Related Multimedia Text(The 3rd International Conference on English, Discourse and Intercultural Communication)
4. 2011/04/13 Comparison of Disturbance Rejection Performance between Sliding-Mode Control and Equivalent-Input-Disturbance Approach(IEEE International Conference on Mechatronics (ICM 2011))
5. 2010/11/22 Estimation of Tire-road Friction Coefficient Using Equivalent-input-disturbance Approach(Mechatronics Congress 2010)
全件表示(51件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2009/01 「ものづくりフォーラム」の出展と講演東京
■ 講師・講演
1. 2014/03 A Measuring and Monitoring System for the Degree of Employees' Fatigue(Beijing)
2. 2014/11 The theory and applications of the equivalent-input-disturbance estimation(Wuhan, China)
3. 2002/03 アクロバットのファジー制御
4. 2002/09 繰返し制御とその応用
5. 2004/07 トレーニング機能を備えたリハビリ電動車
全件表示(39件)
■ 取得特許
1. 2015/01/12 基于SLA分类的云视频监控数据低能耗存储系统及方法(201510012735.0)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2014/04/01~ 授業「システム制御」におけるアクティブ・ラーニングに関する実践
2. 2014/04/01~2015/07/30 授業「メカトロラボ」のアクティブ・ラーニングに関する実践
3. 2016/04/01~2016/07/30 反転授業手法の導入
4. 1993/04~2006/03 実習と演習との融合
5. 1995/04~ 電子メールの活用
●作成した教科書、教材
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
●実務の経験を有する者についての特記事項
●教育に関する発表
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(52件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1983/08~1986/12 温度・炭素量・酸素量インテリジェント測定器の開発と実用化
2. 1984/09~1986/12 製鉄工場エネルギ管理システムの開発
●その他職務上特記すべき事項
1. 1983/09~1984/11 溶鉱炉鋼水の温度・炭素・酸素を同時検出インテリジェントセンシングシステムの研究開発
2. 1984/07~1985/09 製鉄工場のデータ収集・オンライン管理システム
3. 1996/04~2013/03 亜鉛湿式精錬プロセスのエキスパート制御システム
■ 社会における活動
1. 2013/01~2017/12 中国政府国際共同研究 Major International (Regional) Joint Research Project (研究テーマ:Optimization and advanced operation conrol of Carbon efficiency for green manufacturing in the iron and steel industry)
2. 2013/02~2014/01 Reviewer of International Journal of Electrical Power and Energy Systems
3. 2013/07~2014/09 Co-chair of the International Program Committee of The Joint International Conference of the 10th China-Japan International Workshop on Information Technology and Control Applications and the 6th International Symposium on Computational Intelligence and Industrial Applications (ITCA & ISCIIA 2014)
4. 2014/01~2014/10 Reviewer of Automatica
5. 2014/04~2015/03 Associate Editor of International Journal of Automation & Computing
全件表示(231件)
■ 所属学会
1. 1990~ 計測自動制御学会
2. 2000/01~2003/03 ∟ 制御部門事業委員会委員
3. 2001/05~2003/03 ∟ 先端融合部門「産業に役立つ評価のための研究会」委員
4. 1991/05~ 電気学会
5. 2000/04~ ∟ 論文委員会(D2グループ) 委員
全件表示(18件)
■ 委員会・協会等
1. 2010/06~ International Journal of Automation and Computing Associated editor Link
2. 2014/04/01~2017/03/31 電気学会制御技術委員会 委員
3. 2015/07/01~2016/07/31 The 13th International Conference on Informatics in Control, Automation and Robotics (ICINCO) Member of Program Committee Link
4. 2015/07/01~2016/07/31 The 35th Chinese Control Conference (CCC2016) Program committee member Link
5. 2015/10/01~2016/11/06 The 7th International Symposium on Computational Intelligence and Industrial Applications (ISCIIA2016) Member of Program Committee Link
全件表示(38件)
■ 受賞学術賞
1. 1999/07 1999 Control Engineering Practice Paper Prize of IFAC (International Federation of Automatic Control)
2. 2013/01 Thomson Reuters' new lists of highly cited researchers (Engineering)
3. 2014/04 The World’s Most Influential Scientific Minds 2014
4. 2014/06 2014 Thomson Reuters Highly Cited Researchers
5. 2014/12 Autostanding Associate Editor for International Journal of Automation and Computing in Year 2013
全件表示(27件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/04~2014/03  従業員の疲労度計測・管理システムの開発 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:疲労度計測,疲労度管理)
2. 1997/04~2013/03  複雑な産業プロセスのインテリジェント制御 国際共同研究 
3. 2000/04~2002/03  繰返し制御系における非周期外乱の新しい抑制法―外乱曲率モデルによるアプローチ― 基盤研究(C) 
4. 2001/04~2004/03  中国語発音に準じた中国語固有名詞の日本語表記法 共同プロジェクト 
5. 2002/03  国際交流助成金 その他の補助金・助成金 
全件表示(45件)
■ ホームページ
   She's homepage

著作権情報